mineoの格安スマホの月額プランや解約の評判について評価します!

mineo月額プランに関して

mineoの月々の料金設定や速度について説明していきます。今現在ご使用されている会社の料金と見比べて、通信代がどれくらい安くなるのか、比較しながら読んでいただきたいです。どれだけ安いのか、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

mineoの月額プラン・初期費用

mineoの料金プランは、今話題の格安SIMは、大きく分けてデータ専用SIMと、音声通話可能SIMがあり、料金も異なります。データ通信専用SIMは専用のアプリを入れなければ基本的に通話ができませんし、いろいろと制約も多くなります。一方音声通話SIMならば、070/080/090で始まる電話番号が利用でき、従来の携帯電話と同じように使いたい場合には音声通話可能なSIMを選ばなければいけません。音声SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データ通信専用SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円です。

mineoの解約手数料

mineoの違約金に関して、説明していきます。最低利用期間等の縛りがないmineoは、解約時に解約手数料が掛かりません。大手キャリアしか使ったことがなく、不安という方でも、これならば、お試しで使うことが出来ます。ただし一つ条件があって、1年以内に携帯電話番号ポータビリティー(MNP)転出される場合には、MNP転出手数料 12,420円(税込)の支払いを要求されます。通話SIMで契約された場合は、これだけは忘れないでおきましょう。

mineoスマホの特徴まとめ

MVNOのモバイル通信サービスを提供しているmineoは、キャリアをdocomoかAUどちらかを選ぶ事が出来るMVNOです。キャリアから乗り換えることで、毎月のスマホ代を大幅にカットできる魅力的なサービスなのです。mineoのサービスは、月額1,310円の低価格で提供しているので、業界内でも大変話題になっています。mineoはマルチキャリアMVNOなので、docomoとAUの回線プランを選択できるので人気です。通信環境や品質もdocomoやAUと遜色ないサービスなので、初めて格安スマホを使う方にも安心して利用できます。前置きはこの辺で、mineoの速度や口コミをまとめてご紹介していきます。最後まで、お付き合い頂ければと思います。

docomoとAU回線を利用した激安なスマホ

国内初のマルチキャリアMVNOとなったmineoはdocomoとauの回線のプランが用意されています。通話も高音質でキャリアとほとんど変わりませんし、対応エリアもキャリアと同じです。現在、auやdocomoのスマートフォンを使っていれば、その機体を継続して使用することができることが多く、新しいスマホを購入するお金や手間も要りません。高額なスマホを買わなくていいのは、安く乗り換えできて助かりますよね!もちろん、mineoで販売している格安スマホも、docomoプランとauプランのどちらにも対応しています。ドコモとauの回線は両方とも安定していますから、docomo回線かAU回線のうちどちらか好きな方を選ぶことができます。少しずつ料金が異なりますので、比べながら、自分に適するものを選ぶと良いと思います。

高品質通話VoLTE専用プランあり

mineoで話題の、VoLTE対応プラン。でははたしてVoLTEとはどういったものなのでしょうか。VoLTE、それは今までの音声通話に比べ、音質が格段に改善された、最新の通話方式のことを言います。従来の音声通話が対応できる周波数は、300Hz〜3.4kHzまででした。しかしこのVoLTEは、音域が広がり、50Hz~7kHzまで広がりました。要するに、今までよりも高音質な通話が可能になったということです。このVoLTE対応というのは、mineoのメリットの一つでもあります。

翌月繰越しも可能

mineoでは、高速データ通信量を、繰越して翌月に使用することもできるため、毎月使用するデータ量にけっこうばらつきがあるという人でも、月間データ容量にとらわれず、柔軟に回線を使用できるのは大きな魅力ですね。

mineoスイッチを駆使して、通信量を節約!

mineoについているmineoスイッチでは、高速通信が必要ない時は、低速通信に切り替えることができます。使用するデータに無駄がないように設定できるのでお得で便利です。データ容量を節約できるmineoスイッチとWi-Fiを上手に利用すれば、データ通信料を最小限に抑えることができるでしょう。何かと高くなるスマホ料金を安く済ませるのに役立つことでしょう。

mineoの回線スピードについて

mineoの通信の速度はどうなっているのか、調査しました。docomo回線のプランはdocomo XiのLTE回線で最大225Mbps、au回線においても、AU 4G LTEの最大225Mbps回線なのです。ただし、スマートフォンなどをとりあげているメディアでも言われているように、大勢の人が使う時間帯では、キャリアで契約している方が、断然通信速度は速くなります。いつでも安定感のある高速データ通信ができなければ困るという方は、キャリア契約を選ばれる方が良いでしょう。月々に支払う料金が安いので、全体的に考えても、mineoを含めた格安スマホは、料金的にも通信速度的にも優れたサービスといえるでしょう。

mineo AU回線プランの通信制御

どのMVNOでもそうですが、どの利用者も平等に通信できるようにするため、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、設定容量を超えたユーザーには、データ通信速度を遅くされてしまいます。直前の72時間の通信データ量が一定の値よりも下がり次第、制限は特に手続きの必要もなく解除されます。普通に使用している分には、そうそう掛からない制限かと思います。各契約プランごとの規定容量は規定されていないようで、Aプランは、すべてのプランで、直近72時間で3GBが規定値となっています。

mineo Dプランでの通信制御に関して

mineoのドコモ回線のプランでは、直近3日間のデータ通信利用量による、通信速度制限はありません。日によって、データ通信量の増減に開きのある方は、AプランよりもDプランを契約しておくほうが、3日制限について気にする必要なく使用することができます。このような内容を視野に入れて比べた上で、プランをどちらにするか検討をお願いします。

間もなく終了のキャンペーン!