IIJmioの格安スマホの料金プランと速度の評判について

IIJmioの速度

格安SIMサービス会社の中でも、IIJmioは、docomoと同じLTE回線を利用した格安スマホのサービスです。通話可能範囲や通信速度において非常に定評があり、安心して利用できます。また、実効速度も高速で安定していて、口コミや評価のサイトをざっと見ても、人気に見合った高めの評価が多い様子がうかがえます。お値段が安くて、しかも実行速度も速い。そんな格安スマホをお探しの方には、IIJmioが最もおすすめできます。

IIJmioにおける帯域制御

IIJmioの場合、低速通信時に関しては、直近の3日間のデータ通信量によって、制限がかかってしまうこともありますのでご了承ください。高速通信時には、この3日間の縛りはありません。全ての契約者が同等の通信環境で通信できるように、データ通信を利用しすぎたユーザーは通信速度がおそくなります。使いすぎの判定には直近3日間に行ったデータの通信量が用いられ、所定の容量をオーバーしたことが判明した利用者は、今までより遅い低速通信がはじまります。この速度制限は、その後の直近3日間の通信量が決められた量を下回れば自動的に解除される仕組みになっています。変な使い方をしなければそうそう引っかかることはありません。

IIJmioSIMのユニークポイント

「みおふぉん(IIJmio)」という名前、一度は目にしたことはありませんか?株式会社インターネットイニシアティブは、格安SIMサービスが開始された時から営業を開始しているため、格安SIMサービス開始直後からのユーザーであれば、誰もがIIJmioというのを少し聞いた覚えがあることでしょう。2015年に実施された格安SIMアワードの顧客満足度調査の総合部門で最優秀賞を受賞しているMVNOで実力は折り紙付きです。顧客サポートもしっかりしているので、ユーザー間においてブランドイメージが良好なのも受賞理由として挙げられるでしょう。IIJmio?という方の為に、IIJmioのすべてを網羅したつもりです。IIJmioの良い所、悪い所を分析してみました。

docomo回線網を使った格安スマホ

IIJmioはdocomoと同じ回線を使用しています。そのため、docomoとう同様の高品質な通話品質となっています。つながるエリアのサービスの広さにおいては信用が高いのです。今まで使っていたスマートフォンがdocomoのものである限りは、大概の場合、同じものをIIJmioでも継続して利用できます。もちろん、IIJmioでSIMフリーのスマホと一緒にセットで揃えるプランもあります。もしも現時点でdocomoによるスマホを保有しているなら、SIMカードだけで契約手続きを完了させることができるので、新たに本体を購入する必要がなく、費用を抑えることができます。定評のあるdocomoの回線を安く使えて、SIMもまた安いという、いいとこ取りの通信サービスがIIJmioというわけなのです。

バースト機能で、低速時がより快適に。

バースト機能がついているのは、IIJmioの特徴です。この機能をまだご存じない方のために、ここで簡単に説明しておきます。この機能は、通信速度が低いときに働くもので、初めに1秒ないし3秒ほどの間だけ高速で通信して、データ通信やサイト表示の速度を増加させる機能のことです。この画期的な機能により、低速時でも不快感なくインターネットを楽しむことができる故、ページの表示が遅いといったイライラが減り、ネット環境にイライラすることがなくなりますので、注目を浴びています。しかし、現在のところバースの機能の恩恵を受けれれるのは、IIJmioとDMMモバイルのユーザーに限られています。

データ通信量のくりこし

データの通信量はプランによって変化しますが、毎月、必ずしも同じ使用量とは限りませんよね。でも、IIJmioであれば、嬉しいことに翌月繰り越しサービスがあるのです。余ったデータ容量を繰り越せないMVNOがある中、そういった点においても、IIJmioの大きな魅力の一つです。格安スマホといえど、月々のデータ通信量も無駄なく使いたいものですよね。

大人数でシェア出来る!10枚までOK

llJmioには、ファミリーシェアというサービスがあり、SIMカードの追加ができちゃうんです。その数なんと最大10枚!つまり1つの家庭に多くの人がいれば、携帯代が今までと比べて格段に安くなるでしょう。携帯代とは言え、家族全員分と考えると、スマホ代金節約効果は、大きいと思われます。こんなお得なサービスを使わない手はありません。MVNOの老舗であるIIJmioですからサポート体制は充実しており、格安スマホが初めての方でも安心して利用できます。ウィルスバスターとiフィルターがパックになっているお得な「みまもりパック」もありますので、お子様用としても優秀なスマホです。

IIJmioの口コミについて

IIJmioの特徴というのは、ユーザー満足度の高い充実したサポート体制と、老舗ブランドとしての信頼性です。高評価だった株式会社イードの顧客満足度調査結果からも、高い評価を受けていることがわかります。IIJmioはアフターサービスを受ける際、インターネットだけでなく電話での問い合わせにも対応しているので、格安スマホを使ったことない人へも、わからないことは気軽に質問できるので、安心してMVNOを使い始めることができます。

高速な通信速度とアフターサポートが魅力

IIJmioって何だろうとグルって見ると、通信速度が安定していることとサポートが手厚いことが好評を博しているようです。2015年度の格安SIMアワードの結果を見ると、5部門のうち総合満足度、ブランドイメージ、利用サポートの3部門も最優秀賞を受賞しています。この賞を受賞するだけあって自信を持っておすすめできる格安スマホです。他のMVNOと比べても、古い歴史を持つ安定と信頼のブランドです。IIJmioはずっと安定して高評価のレビューが多いので、格安スマホを新しく持ちたいという方には、無難な選択肢の一つと言えます。

IIJmio月額と解約

格安スマホで今話題のIIJmioの料金や通信スピードなどについてちょっと説明させてください。今使っている携帯電話やスマホの月々の料金と比べて、いくら携帯代が安く出来るか、手掛かりとしてください。 月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

みおふぉんの月額プランと初期費用

IIJmioの月額費用は、データ専用SIMと音声機能付きSIMのどちらかを選ぶことが出来ます。070/080/090番号を使いたい場合は音声SIMを選ぶことにより070/080/090から始まる携帯電話と同等の機能をご希望の場合は、データ専用SIMでなく、音声通話SIMを選択する必要があります。通話SIMの月額プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円となっています。

データSIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円です。

IIJmioの解約縛りについて

IIJmioの解約縛りと解約違約金、これは事前に把握しておきましょう。IIJmioのデータSIMにおいては、ここまで利用しなければならないという期間に決まりはありません。契約を解除したいと思ったら、余計な手数料を支払うことなく行えるのは嬉しいことですね。みおふぉんに関しては、12ヶ月の契約縛りがついています。もし何らかの理由により12ヶ月に満たない間に契約を解除する場合は、違約金として9,000円の支払いが必要となります。このような決められた期間が過ぎて次の12ヶ月が自動更新されるキャリアと比べると、契約してから13ヶ月過ぎても縛り期間が更新されないので、いつでも解約手数料がかからないのが魅力的です。

間もなく終了のキャンペーン